オーダーカーテンは高い?安い?オーダーカーテンの情報まとめ!

新しく住宅を手に入れた場合や、古くなったカーテンを処分する場合には新しいカーテンを付け替えることが必要になります。この時知っておきたいのはカーテンには2種類のものが存在するということです。
1つは量産型のものになり、カーテン専門店だけでなくディスカウントショップや家具屋さんなどでも販売されています。それに対して、オーダーメイドのカーテンも存在しています。オーダーメイドとは、大量に生産されているものとは異なり、寸法を測定してそのお客さんのためだけに用意されたものです。一般的にはオーダーカーテンは高いとされていますが、実際はどのようになっているのでしょうか。

オーダーカーテンが高い理由とは

一般的な認識としては、オーダーメイドの商品は高い傾向にあります。例えばスーツの場合、通常量産型のものを購入すれば30,000円から50,000円位で手に入れることができるでしょう。安いものならば20,000円位で手に入れることが可能です。しかしオーダーメイドのスーツの場合には100,000円から1,000,000円位するものもあります。これは、カーテンに関しても同じことが言えます。なぜこのようにしてオーダーメイドの商品は高くなるかと言えば、それは量産できないからというのが理由の1つです。
基本的に商品を作る場合、1つのものを作り上げるよりも同じものを1000個作ったほうが低い単価で仕上がります。品質は悪くないけども安く販売されているカーテンは、大量生産をしている可能性が高いです。逆に、1つだけのものを購入すると設計をして独自の生地を手に入れて作成しなければならないためコストがかかりすぎるわけです。仮に同じデザインで品質のものだとしても、量産化されているものの1.5倍から2倍位の料金になる事は珍しくないです。
ただこれは一般論であり、最近はオーダーメイドのものでも安い商品が流通しつつあります。

オーダーメイドで安い理由とは何か

オーダーカーテンを注文する場合でも、量産型のものとそれほど金額が変わらない商品も存在しています。従来の価値観をひっくり返すすかのように量産型のものとオーダーカーテンが同じような値段になっているわけです。なぜこのようなことが実現可能なのかと言えば、作成する仕組みの面を見ていくと大きく分けて2種類の理由が考えられます。
1つは、細かい部分等は別売になっているケースです。例えば、通常量販店でカーテンを購入する場合にはカーテンに付随してレールに引っ掛けるフックも一緒についています。しかしオーダーメイドの場合で安くしてあるところは、フックが別売になっている可能性が考えられるでしょう。そのようにすることで、一見して費用を安く見せるわけです。
もう1つは、オーダーカーテンと言いながらある程度デザインが決まっている場合です。オーダーカーテンも、完全にオーダーメイドの形もありますがそうでない場合もあることを知っておきましょう。種類は決まったものの中から選ぶ事はできるものの、完全にオリジナルのデザインにすることができない場合、設計の仕方は決まっているため安く仕上げる事は可能です。そのため、オーダーメイドのカーテンを手に入れる前の段階で、どのあたりまで自由に決めることができるのか販売会社に聞いておくと良いかもしれません。

人件費を削減しているケースも出てきている

安いオーダーカーテンは、様々な情報をよく調べてから購入した方が良いです。情報はネット上にたくさんをしているため調べれば調べる分だけ賢く買い物をすることができます。もちろん直感で決めても良いですが、ある程度は基本的な知識を身に付けてから購入するのが後悔をしない買い物の仕方といえます。
仕組みを整えて安くしているケースもありますが、最近は人をあまり利用せずマンパワーに頼らない方法で安くするケースがあります。本当に高級なカーテンショップは、専門の職人がおり一つ一つ丁寧に時間をかけながら作っています。場合によっては3ヶ月以上待たされることもあります。しかしそのような高級店以外でオーダーカーテンを注文する場合は、完全に機械で作っている可能性も高いでしょう。つまり、そこにほとんど人が介入しないパターンです。
コンピューター等に必要な情報を打ち込むと、後は自動的に作ってくれます。寸法等もかなり正確で人間が測定するよりも狂いがありません。
機械を購入するときにはお金はかかるものの、たくさん作った場合人件費がその分かからないだけ作れば作るほど会社としては利益が出やすくなるわけです。しかも、安い商品でありながら仕上がりも1週間程度となります。

まとめ

カーテンを購入する場合、こだわる人も少なくありません。こだわりの1つは、オーダーカーテンと呼ばれるものです。
多くの人がイメージする通り、オーダーカーテンは基本的に安くはなさそうです。しかし実際には、安いものも出回っていることを知っておくと良いかもしれません。安くできる理由の1つは、カーテンの本体以外はオプションになっている場合です。例えば、カーテンレールに引っ掛けるフックは別売で購入しなければならないケースもあります。
一方で、人件費を安くしてすべて機械で制作する会社もあり、人件費がかかっていない分安く提供することが可能です。